ほくろはレーザー治療により短時間で跡が残らない治療ができます

女の人
  1. ホーム
  2. ほくろが増える原因

ほくろが増える原因

ウーマン

鏡を見ていると見知らぬほくろが増えていた経験などありませんか。それにふと気がつけば気になるほくろが腕に増えているなどの経験はありませんか。あまり気がつかないものですが、ふとした時にほくろが増えていることがあると思います。年齢を重ねていくとほくろができやすくなるから仕方ないと治療を諦めていませんか。また急激にほくろが増えると治療の選択肢が頭に浮かびますよね。ほくろができる原因や治療方法はあるのか知っておきましょう。それに対策についても考えていきましょう。まず、ほくろというものは体や顔にできる黒い斑点のことです。この斑点はメラニン色素が皮膚の一部分に集中することでできます。区分的にはシミと同じものですが、なぜほくろとシミは区別されているのでしょうか。ほくろとシミの違いは、メラニン色素が沈着したものがシミで、その沈着したメラニン色素が集中している状態がほくろと呼ばれています。シミが集中している状態がほくろということになります。そのため、シミは目に見えるだけですが、ほくろは少し皮膚から盛り上がっているものが多くあります。では、ほくろが増える原因について説明していきたいと思います。ほくろが増える一番の原因は、紫外線による肌へのダメージです。紫外線を浴びると、肌に刺激が伝わりメラニン色素が作られます。メラニン色素は外部の刺激から肌を守ってくれるため、多少は必要になります。しかし、作られ過ぎると体外に排出されずにほくろとして残ってしまいます。紫外線はほくろやシミを作るのでなるべく避けるようにしましょう。完全に紫外線を避けるのは難しく健康にも悪いので、余分な紫外線を浴びないようにUVカットのクリームなどを使用して対策しましょう。また、ストレスが原因となりほくろができることがあります。ストレスにより自律神経が乱れることで、新陳代謝が落ちてしまい通常時よりメラニン色素が排出されにくくなります。ストレスで必ずほくろができるというわけではありませんが、自律神経の乱れは様々な体の不調の原因にもなるので、できる限りストレスは解消するようにしましょう。誰もが自然にできてしまうほくろですが、できてしまったからといって放置すると危険に繋がる可能性があります。ほくろに見えるものの中には、メラノーマという皮膚がんの一種である可能性があります。変わった形のほくろができたり大きくなったりしている場合はクリニックでの治療が必要な可能性があります。気になるほくろができた場合は必ず治療しましょう。また、ほくろやシミは女性の天敵ですよね。紫外線対策をしっかりとしていてもできてしまう可能性があるので、どうしても気になるほくろができた場合は美容整形クリニックで治療することができます。カウンセリングで相談することができるので、一度相談窓口に問い合わせてみてください。