ほくろはレーザー治療により短時間で跡が残らない治療ができます

女の人
  1. ホーム
  2. ほくろ治療の種類

ほくろ治療の種類

婦人

ほくろ治療は専門の皮膚科や形成外科、美容クリニックなど様々な医療機関で治療することができます。ほくろの治療方法は、ほくろを切り取って縫い合わせる手術やレーザー治療などの方法があります。最近はほくろの治療方法の進歩によって、かなり値段が抑えられるようになりました。ただほくろを除去するだけでなく、術後の傷跡が残らないような施術方法やフォローが進んでいるので、人目につく箇所のほくろ除去を手軽に受けられるようになりました。ほくろの治療方法が増えているので、施術の種類について説明していきたいと思います。1つ目はくり抜き法です。医療用のパンチやメスを使ってほくろを円の形を描いてくり抜く治療方法です。くり抜いた跡は巾着上に周囲を縫い縮めて跡が目立たないようにします。顔付近は皮膚の修復能力が高いため、くり抜き法で治療する方が多いです。2つ目に切除縫合法です。メスを使ってほくろを切除します。その跡を縫合して傷口が閉じた後に抜糸するというほくろ治療の基本的な手術方法です。顔のほくろであれば、シワの方向に沿って縫合することにより跡が目立たなくなります。3つ目にレーザー治療です。黒い色や水分に反応するレーザーでほくろの細胞を破壊したり削ったりして治療する方法です。レーザー治療は痛みが少ないのと治療後の傷跡が残らない方法として、美容目的でほくろ治療する方にはおすすめの治療法となっています。しかし、レーザー治療ではほくろを一回で除去することは難しいです。ただ、確実に傷跡なく痛みを伴わないためにも、複数回に渡って無理のない治療が受けられます。ほくろ治療の種類は参考になりましたでしょうか。自分に最適なクリニックと治療法を選んで、跡が残らないほくろ治療を受けましょう。